/
Blog
>
Business

インフルエンサーマーケティングの有用性考察

インフルエンサーマーケティングにはどの様な有用性があるのでしょうか?


特に意識をしなくても、インフルエンサーマーケティングに接している可能性は高いです。人気の投稿者が、商品名の付けたハッシュタグを付けた投稿を気になったことはないでしょうか?


このような形で、インフルエンサーを用いたフォロワーとの関係を活用したマーケティングが行われていると想像できます。インフルエンサーマーケティングは、もはや一時的な動きではなく、多くの企業にとって重要なマーケティングツールの一つです。


インフルエンサーマーケティングの有効性

ファンを強力なアンバサダーとして位置付けながら、熱心なフォロワーをターゲットにしています。具体的には、インフルエンサーは通常、ブログ、ソーシャルネットワーク、コラボレーション、イベントを通じてフォロワーに共有され、特定の契約を得て報酬を支払われます。


これは既存のテレビや街頭ディスプレイの広告と、方向性を大きく変えていきます。購入を検討する際に、82%が知人、友人、家族などからお勧め情報などの影響を受けているという調査結果もあります。


これらの結果は、現代の消費者による広い意味でのクチコミの影響力の証明ともいえるでしょう。


さらに掘り下げると、インフルエンサーマーケティングを検討する時は、「消費者からの傾向」として以下の3点程考慮する必要が有ります。


1.単純なディスプレイ広告に対する興味は低い


テレビ、街頭のディスプレイ、Facebookのディスプレイ広告、Twitterでのプロモート投稿、など、これらはすべて、1つの問題があります。


視聴者は単純に発信される広告と一目で判断出来るディスプレイ広告は、心理的な不愉快を感じ、避けようとすることです。例えばテレビ広告では、チャンネルを変更したり、部屋から出たりします。


よほどの特別な理由が無ければ、広告を積極的に見続けることはありません。Webからの広告では、広告をブロックするサービスや何かしらの手段を活用している可能性が有ります。



2.発信する情報の信頼性について


人々は広告を見る時に、強い警戒心を抱いています。ですが、個人的なクチコミの情報にはその警戒心は大きく和らぎます。約84%の消費者は、製品やサービスについて家族、同僚、友人からの推奨を信頼しているという調査結果が存在します。


さらに、比較的若い18〜34歳は、92%が製品の購入を検討するときに友人や家族からの情報を参考にするという調査結果が存在します。


購買者にとってクチコミは最高の信頼性を感じるソースになっていると判断出来ます。



3.ターゲットを強く絞る


デジタルディスプレイ広告のターゲティング(閲覧させるユーザーを購買意欲が有る者に絞る)は、従来の広告よりも確かに優れていますが、インフルエンサーマーケティングには叶いません。


人々は自分の価値観、興味、習慣を共有する人たちとの共感は強い傾向が有り、それには購買習慣も含まれます。67%の人が、友人や家族がSNSなどで商品を共有後は、同じ商品の購入熱意が上昇するという調査が有ります。例えば、Facebookの外枠や記事広告に関連付けられたターゲティングは、他の一般的な広告より優れているとはいえます。


ただし、インフルエンサーは、さらに強く適切なターゲット(フォロワー)に絞り、関連するコンテンツを直接送信することができます。スポンサー付きコンテンツは「完全な自然なクチコミ」という訳では無いですが、基本的に同様の効果を生みます。


すでに注目してくれている人々のグループに、直接メッセージを届けるという大きいメリットを享受出来ます。インフルエンサーマーケティングは、従来のディスプレイ広告と比較して、非常に「高い命中率」を上げられます。


マーケティングツールとしてのインフルエンサーマーケティングの位置付け

影響力の有る、適したインフルエンサーとのネットワークを構築することで、非常に魅力的な広報活動を行うことが出来るでしょう。しかし、すべてのインフルエンサーが有効という訳ではありません。ンフルエンサーキャンペーンには時間がかかり、料金コストがかかります。その為、他広告と同様、コスト対効果を検討する必要が有ります。


インフルエンサーのマーケティングが成果を上げる為には、以下の方法を3点考えられます。



1. コアバリューとの親和性、複数のプラットフォームに渡るフォロワーとの繋がり


インフルエンサーを確認することは、非常に重要な部分であり、単なる数字の確認だけではありません。もちろん、単純に数字的ななインフルエンサーのフォロワー数を見て、ソーシャルメディアの存在感と影響力を理解することはできますが、調査はより慎重にした方が良いでしょう。


例えば、製品に対する関心は低い100万人以上のフォロワーを持つパワーインフルエンサーよりも、コアバリューに親和性の高いインフルエンサーの方が魅力的なコンテンツを作成出来ます。


また、潜在的消費者は製品を複数回見た後に購入する可能性が高いことが調査で示されています。インフルエンサーが「複数のプラットフォームでフォロワーと有意義に関わっているかどうか」というのは非常に注目する必要が有ります。


継続したコンテンツ作成が重要です。




2.有料インフルエンサーマーケティングから波及する、オーガニックインフルエンサーマーケティングへの意識


有名人からの数値的な露出も、もちろん重要では有ります。ただし、熱烈な顧客またはブランドアンバサダーと提携することは、さらに有益であり、予算的にも有用です。


熱烈なアンバサダーは、特典ではなくサービスや商品への愛情から参加しています。つまり、彼らのコンテンツは、製品や会社の心と魂を本当に捉えることができます。

さらに、アンバサダーによるインフルエンサープログラムは、リファラルマーケティングを成長させる優れた方法です。


熱烈なファンによって作成されたコンテンツは、広告主がチェックなどしなくとも、自発的に精力的に実行され、優れたマーケティングを自動で行ってくれるようになっていきます。




3.インフルエンサーキャンペーンを使用して、従来のマーケティングを強化する


インフルエンサーマーケティングは既にある程度の影響力は発揮しています。ですが、ブランドの認知度、ウェブサイトのトラフィック、製品の販売を促進する統合的なキャンペーンに代わるものではありません。


内作のキャンペーンは測定と分析が容易であり、消費者も「楽しめる」広報活動を持つことを期待しています。


インフルエンサーはマーケティングを強化し、ブランドのターゲットユーザーを多様化できます。ですが、企業はインフルエンサーに完全にに依存するのではなく、既存のマーケティングを向上させる必要があります。



インフルエンサーマーケティングプログラムを成功させるための最良の方法は、

・インフルエンサー戦略を使用して自社の複数のキャンペーンを強化

・複数のプラットフォームにアプローチ可能な有料インフルエンサーの利用

・オーガニックインフルエンサーへのサポート

を計画することです。"


Tomoki Oka

What's Evalut?

Try for Free

Evalut helps you get accurate and up-to-date analytics on any Instagram account in just 5 seconds.