/
ブログ
>
豆知識

エンゲージメントとは?


エンゲージメント率とは、視聴者がコンテンツにどれほど積極的に反応したかを表す指標です。関心のある消費者は、「いいね」のコメントや、投稿のシェアを通じてブランドと関与を持ちます。

エンゲージメント率は、ブランドキャンペーンの効果を分析する際によく使用される指標です。例えば、ビデオ、返答、ブログの操作に時間を費やす人は、有料顧客に変わる可能性が高くなります。

エンゲージメント率には、口コミマーケティングの影響を強調する「共感指標」などの補完的な測定の意味もあります。

「どの指標がデジタルマーケティングにとって最も重要か?」についてはいくつかの論争がありますが、エンゲージメントは多くの場合に最も重要な指標の1つと考えられます。

どの項目がエンゲージメント率で重要なのか?

エンゲージメント率は複雑です。顧客とのやり取りは、コンテキストやメディアによって変化するため、「エンゲージメントのある顧客」には単一の定義はありません。


たとえば、エンゲージメント率には次のような測定方法があります。


  • ウェブサイト:スクロール深度、ページの平均閲覧時間、平均ページビュー数、直帰率、シェア数、フォームコンバージョン数
  • SNSメディア:いいね数、シェア数、コメント数、リツイート数
  • Facebook:リアクション数、クリック数、コメント数、シェア数
  • LinkedIn:インタラクション数、クリック数、獲得したフォロワー数、表示回数 
  • Instagram:いいね数、コメント数
  • Twitter:リツイート数、コメント数、いいね数 
  • Pinterest:いいね数、コメント数、ピン数
  • メールキャンペーン: 開封率、リンク先のクリック率、など

 

複数のメディアを用いたのキャンペーンや、実店舗と連動した(オムニチャネル)キャンペーンでは、利用した全体でのエンゲージメント指標を測定します。


エンゲージメント率を確認すると、マーケティング戦略が機能しているかどうかを判断するのに役立ちます。

"熱心なフォロワーがいない場合は、


  • 表現方法
  • メッセージング
  • 広告チャネル

 

などを変更する必要があることを示している可能性があります。


なぜエンゲージメント率が重要なのか?

SNSメディアやデジタルマーケティングでは、多くの場合、ROI(投資利益率)について多くの話題があります。適切なSNSメディアの測定ツールを使用すると、企業はエンゲージメントを測定して成果を確認できます。

 

オンラインでのエンゲージメントは、次のことを確認出来ます。"

  • 視認性の向上
  • ブランド親和性
  • 紹介・口コミマーケティング
  • 信頼性
  • お客様とのより良い関係


エンゲージメントは、マーケティングチームが、コアユーザー、インフルエンサー、ターゲットユーザーにリーチしているかどうかを確認することが出来ます。


魅力的なキャンペーンを通じて、熱心なファンを作成を作成することで、ブランドについての肯定的なメッセージを広めてもらい、より多くの方を有料の顧客に導いてくます。


どのようにエンゲージメント率を活用するか?

高いエンゲージメント率は、そのキャンペーンが有効であることを確認出来ます。ただし、エンゲージメント指標は、ビジネスの成長において他の分野でも強力なツールになる可能性があります。


マーケティングチームはエンゲージメント率を使用して次のことを行うことが出来ます。

  • コンテンツ戦略の方針を策定する:エンゲージメント指標は、どのコンテンツが有効(注目されている)かを判断することが出来ます。
  • SNSメディアでパフォーマンスを測定する:SNS分析ツールでエンゲージメント率を確認することで、顧客とやり取りする最適なプラットフォームを判断出来ます。
  • コアユーザーとインフルエンサーを見つける:エンゲージメント指標は、自発的に発信活動を行ってくれるコアユーザーや、投資効率の良いインフルエンサーを発見出来ます。この調査に利用可能なのが、弊社のEvalutとなっています。是非お試しください。
  • 限定的なキャンペーンで効果を確認する:エンゲージメント率は、新しい製品、サービス、キャンペーンについて人々がどのように感じているかを確認することが出来ます。
  • ターゲットユーザーを決定する:熱心なユーザーの特定の人口統計(性別、年齢、場所)を確認できます。もしメインの エンゲージメントユーザーが、ペルソナとは異なる人からのものであった場合は、戦略を調整する方が良いでしょう。


エンゲージメントは、現代の企業にとって重要な指標です。

顧客に素晴らしい経験(製品の機能や価格等)を賞賛し続けて貰うために、エンゲージメント率はより重要性が増加していくことでしょう。


執筆者

Tomoki Oka

協力者

No items found.